16. 5月 2014 · コメントは受け付けていません。 · Categories: 未分類

EP017_L
8.非常階段、避難階段は日ごろからチェックしておく
非常階段は建物の外についているものが多いが、これが一目見てきゃしゃなつくりになっているものは問題である。今度の地震でも、簡易な設置の非常階段が落ちてしまい、惨事をまねいた例もある。
揺れがきてエレベーターはつかえないと想定すると、その隣の避難階段は、逃げ道となる。いざとなったら、どちらをつかって、どう避難するかは、日ごろからイメージしておく必要がある。
9.地震でも閉まりきりにならないドアかどうか確認する
入口の鉄製ドアでも、最近は、すこしぐらいの建物に歪みがきても、開けることのできるエクスパンションのついたものも出回ってきている。各部屋のドア、とくにメインの出入口のドアは選ぶ必要がある。ひずんで出られなくなったときにバールでこじ開けて出ることも考える。
火事にも備えましょう。家 高く売る ←こちらでのサイトではいろいろな住宅情報を取り揃えております。
10.ベランダの周辺を確認しておく
火事に対しては、ベランダの構造が被害の程度を左右する。今回、ベランダがコンクリートででき ているマンションは、下から炎にあおられても、窓から直接火が入ってこなかった。
反対に、ベランダを手すりにしたり、ガラスにしたケースでは、延焼している。また、全くベランダがないマンションは火事の被害はもっとひどかった。こういう窓には、防火雨戸、防火シャッター、耐熱の補強などが必要になる。
マンションの場合、隣とのベランダの境が、避難用のフレキシブル・ボードになっていて、緊急時にはこれを破って、隣家のベランダづたいに非常階段へ逃げるようになっているものが多い。
このとき、自分の家のベランダや隣の家のベランダに、物置や温室などの障害物があるかどうかを予め知っておく必要がある。

Comments closed.